AppGuard®️ Enterprise

AppGuard®️ Enterpriseとは

AppGuard®️は、未知のウイルス、ボットネット、ファイルレス・マルウェア、武装化したドキュメント、ゼロデイ・マルウェア、フィッシング、ランサムウェア、ドライブ・バイ・ダウンロード、水飲み場攻撃など、従来の「検知型」のアプローチでは、検出されないサイバーセキュリティの脅威を未然に阻止します。
この独自のマルチレイヤー侵害防止プラットフォームは、攻撃の初期段階でマルウェアの不正な行為を未然に阻止し、重要なシステムの侵害を防ぎます。

AppGuard®️ Enterpriseは現在のすべてのWindowsバージョンと互換性があり、規模に合わせて簡単に導入でき、継続的な更新を必要としませんので、ユーザーの生産性に支障をきたすこともありません。
管理システムでは、企業毎のポリシーの実装、および制御が可能です。エンドポイントにおける防御のログを出力することもできます。

インフラストラクチャー

システム要件

AppGuard Enterprise Mangement Console (AGMC)

Windows Server 2008 / 2012 で動作、SQL Server 2008 以降が必要 [機能]

  • Webブラウザによるポリシー作成およびイベントログ表示
  • エージェントインストールパッケージの作成
  • Policy Distribution Points(PDPs)へポリシー送信
  • Log Retrieval Points(LRPs)からのログ収集
AppGuard Enterprise Agent

[Windows オペレーティングシステム要件]

  • Windows XP Personal SP3以上(32ビット)
  • Windows XP Home Edition SP3以上(32ビット)
  • Windows VISTA SP1以上(32ビット、64ビット)
  • Windows 7 , 8 , 8.1 , 10 SP0以上(32ビット、64ビット)

[Windows ハードウェア要件]

  • CPU 1.8GHz
  • メモリ 1GB