AppGuard Solo

¥ 10,584 税込

商品コード: AGSOLO_COM

数量

1台から導入可能!
AppGuard Soloは、Windows PCを最新のサイバー脅威から守る製品です。
PCにAppGuard Soloをインストールするだけで、最新のランサムウェアや未知のマルウェアによる脅威からシステムを守り続けます。


専任のIT管理者が少ない企業にお勧めするセキュリティソリューション
コンセプトは「シンプル」&「イージー」
AppGuard Soloは、集中管理体制を必要としない企業に向いており、専任のIT管理者が少ない中小企業に適しています。

今では、最新のランサムウェア、ファイルレスマルウェア、未知のマルウェアが企業規模に関係なく猛威を振るっております。

従来の検知型エンド・ポイントセキュリティでは防げない最新の脅威に対しても、AppGuard Soloは「シンプル」にPCへインストールするだけで「簡単」にマルウェアを封じ込め、システムの安全性を確保します。

付帯サイバー保険の内容

補償内容

1ライセンスにつき

損害賠償合わせて500万円
事故対応特別費用

※国内のみ担保
※使用人法令違反不担保
※支払責任限定特約(お支払いの対象となる損害参照)

お支払いの対象となる損害

10Gbps以上のDDos攻撃(注2)またはゼロデイ攻撃(注3)を受けたことにより生じた、①または②の事由
① ネットワークの所有、使用もしくは管理または情報メディアの提供にあたり生じた偶然な事由偶然な事由
② 情報の漏えいまたはそのおそれ
(注2) DDos攻撃
分散している複数のコンピュータから、インターネット上でWEBサービスやメールサービス等を提供しているサーバ等に対して、
過剰な負担を与えることによって、当該サービスを妨害する行為をいいます。
(注3) ゼロデイ攻撃
コンピュータのオペレーティングシステム(注4)およびソフトウェアの開発元において脆弱性(注5)の認識がなく対策も存在しない場合、
または脆弱性(注5)が認識されてから修正プログラム(注6)が提供されるまでの期間に当該脆弱性(注5)に関連させて
当該コンピュータやソフトウェア等に影響を及ぼすような行為をいいます。
(注4) オペレーティングシステム
コンピュータの入出力や同時並行処理などを管理するプログラムをいいます。
(注5) 脆弱性
コンピュータのオペレーティングシステム(注4)やソフトウェアにおけるセキュリティ上の弱点をいいます。
(注6) 修正プログラム
コンピュータのオペレーティングシステム(注4)やソフトウェアの修正を行うためのプログラムをいいます。

主な免責

損害賠償部分

① 保険契約者、被保険者もしくは被保険者の法定代理人またはこれらの者の同居の親族の故意または重大な過失に起因する損害賠償請求。
ただし、当会社が保険金を支払わないのは、その被保険者が被る損害にかぎります。
② 記名被保険者の使用人等が行ったまたは加担もしくは共謀した窃盗、強盗、詐欺、横領または背任行為に起因する損害賠償請求
③ 記名被保険者の使用人等が、その行為が法令に違反していることまたは他人に損害を与えることを認識しながら行った行為に起因する
損害賠償請求。ただし、記名被保険者以外の被保険者について、当会社が保険金を支払わないのは、その被保険者が被る損害にかぎります。
④ 販売分析、販売予測または財務分析の過誤に起因する損害賠償請求
⑤ 履行不能または履行遅滞に起因する損害賠償請求。ただし、次のアまたはイの原因による場合を除きます。
ア.火災、破裂または爆発
イ.偶然な事故によるネットワーク構成機器・設備の損壊またはネットワーク構成機器・設備の機能の停止
⑥ 他人の身体の障害、財物の損壊もしくは紛失または盗取もしくは詐取されたことに起因する損害賠償請求。ただし、他人の紙または記録媒
体が紛失、盗取または詐取されたことにより発生した情報の漏えいまたはそのおそれに起因して提起された損害賠償請求を除きます。
⑦ 保険証券記載の業務を除き、被保険者が開発または作成した情報メディアに起因する損害賠償請求
⑧ 特許権、商標権等の知的財産権の侵害に起因する損害賠償請求。ただし、著作権の侵害に起因する損害賠償請求を除きます。
⑨ 被保険者の業務の対価の見積もりまたは返還に起因する損害賠償請求
⑩ 業務の結果を保証することにより加重された損害賠償請求
⑪ 記名被保険者から記名被保険者の使用人等に対してなされた損害賠償請求
⑫ 直接であると間接であるとを問わず、採用、雇用または解雇に関して行われた不当行為に起因する損害賠償請求
⑬ 被保険者によって、または被保険者のために被保険者以外の者によって行われた不正競争等の不当な広告宣伝活動、放送活動または
出版活動による他人の営業権の侵害に起因する損害賠償請求
⑭ 次のアまたはイの事由に起因する損害賠償請求
ア.日付および時刻を正しく認識、処理、区別、解釈、計算、変換、置換、解析または受入できないこと。
イ.アに掲げる問題に関する助言、相談、提案、企画、評価、検査、設置、維持、修理、交換、回収、管理、請負その他これらに類する
業務またはアに掲げる問題の発生を防止するために意図的に行うコンピュータ等の停止もしくは中断
⑮ 株主代表訴訟等によってなされた損害賠償請求
⑯ 差押え、徴発、没収、破壊等の国または公共団体の公権力の行使に起因する損害賠償請求                       など

事故対応特別費用部分

① 損害賠償部分で保険金を支払わない場合に該当する事由または行為
② 偽りその他不正な手段により取得した個人情報の取扱いに起因する個人情報の漏えいまたはそのおそれ
③ サーバーおよびその他記憶媒体に記録された個人情報データベース等に有効なアクセス制限が設けられていないことに起因する
個人情報の漏えいまたはそのおそれ
④ 記名被保険者の個人情報の取扱いが法令に違反し、主務大臣等によりその違反を是正するために必要な措置をとるべき旨の勧告、命令
等がなされた場合において、その命令、勧告等がなされてから被保険者が必要かつ適正な措置を完了するまでの間に新たに発生したその
違反に起因する個人情報の漏えいまたはそのおそれ
⑤ 記名被保険者の役員に関する個人情報の漏えいまたはそのおそれ
⑥ 派遣労働者が派遣先で行った行為に起因する企業情報の漏えいまたはそのおそれ
⑦ 記名被保険者が偽りその他不正な手段により取得した企業情報の漏えい
⑧ サーバーに記録された企業情報に有効なアクセス制限等が設けられていないことに起因する企業情報の漏えいまたはそのおそれ    など